遺族一時金

遺族一時金

加算適用加入員期間が3年以上ある方がお亡くなりになった場合には、ご遺族の方に遺族一時金が支給されます。


受けるための条件

  1. 加入員期間が3年以上の方が在職中にお亡くなりになったとき
  2. 加算年金を受ける資格がある方が受給する前にお亡くなりになったとき
  3. 加算年金を受けている方が受給開始から20年以内にお亡くなりになったとき

お受け取りいただける遺族の範囲

遺族一時金を受けることができる方の範囲と順位は、 お亡くなりになった方と生計を同じくしていた方で、配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹の順になっています。

※当基金に遺族年金の制度はありません。遺族厚生年金については国から支給され、年金額計算の際、当基金の加入期間も含めて計算されますので結果として不利になることはございません。詳しくは年金事務所へお問い合わせ下さい。