TOPICS

厚生年金基金解散後の企業年金制度(仮称「らいふぷらん年金」)について

 昨年からご案内の通り厚生年金基金解散後の新しい年金制度につきましては、各事業主様にご協力ご賛同いただいて進めてまいりました。つきましては説明会の後に各事業主様からのご意見ご要望を承り、従業員の福利厚生制度としての要望ニーズをもとに、更に制度内容を大幅に改良することといたしました。
 具体的には、従来のDB(確定給付)/DC(確定拠出)ミックスプランのみではなく、DB制度を中心とした事業所様単位による掛金口数制を導入するとともに、国債利回りに連動した利息を付利する年金制度とし、平成28年10月の設立を目指して募集活動をしていくことが先般の理事会で了承されました。
 今回の見直しプランは、業界の各事業所様の多様なニーズに応えるとともに容易に理解を頂けるよう内容を更に分かりやすくし、制度全体のリスクを軽減した内容に見直したものです。
 詳しい内容につきましては説明会でお伝えいたしますが、今回の制度のプランは、前回説明会でご案内した運用収益率2.5%の固定利率から、最低保証利回りを1.3%、上限利回りを4.0%とし、国債利回りに連動させることで、事業主様にとって運用リスクが減少いたします。
 またこの「らいふぷらん年金」は、本来加入者一人一人に分配される厚生年金基金の剰余資金(事業主負担の掛金部分)をこの「らいふぷらん年金」に引き継ぐことが可能であり、在職中に支払われることなく、退職時の支払いが可能となります。
 つきましては、制度設計内容を変更することにより、改めましてご案内の表題の通り(仮称)「らいふぷらん年金」として、今後、全国各地区にて説明会を開催いたしますので業務ご多忙の中とは存じますが、いずれかの開催場所に万障繰り合わせいただきご参加いただきたく何卒、よろしくお願い申し上げます。
 ご不明の点については、事務局(電話番号03-3341-9091)までお願いいたします。

※説明会は事業所様が対象となります。

→「らいふぷらん年金」(仮称)のご説明資料

→新制度に関するQ&A